空室リスクを回避する|民泊の運用をスムーズにする|管理などを代行してもらえる会社を利用
男性

民泊の運用をスムーズにする|管理などを代行してもらえる会社を利用

空室リスクを回避する

集合住宅

所持している土地の活用として、一括借上という方法を取るオーナーも多く存在しています。一括借り上げとは、不動産投資のために購入したアパートやマンションなどの賃貸物件を不動産業者などに一括で借り上げてもらうシステムのことをいいます。物件を所有するオーナーは、依頼する業者に手数料を支払う必要がありますが、空室リスクを気にすることなく一定の家賃収入が保証されます。一括借り上げを行なうメリットは沢山あります。まずは空室のリスクを回避できることが挙げられます。マンションやアパート経営を行なう時に、気になるのは入居者が集まるかどうかではないでしょうか。入居者がいる状態であれば、安定した家賃収入を得ることができますが、入居者のいない状態が続くと入ってくると想定していた家賃収入を得ることは勿論できません。家賃収入を想定して、ローンを組んでいても、収入がなければ借入金返済の計画にも影響が出てくるので、この空室リスクを回避するためにも、一括借り上げを行なうオーナーは多いのです。一括借り上げを行なう時でも、入居者獲得のためにできることは様々あります。リフォーム、リノベーションなどを行ない、空室率の改善を行なうことも可能です。場合によっては、あらかじめ設定していた家賃を値下げする必要が出てくることもありますが、家賃を値下げするということは、月々入る予定の家賃収入が減ることになるので、値下げを行なうよりはリフォームを行ったほうがより確実な方法といえるでしょう。