マンション模型

民泊の運用をスムーズにする|管理などを代行してもらえる会社を利用

人気エリアで民泊を始める

スーツの女性

民泊運用を始めるにあたり、大切なのは何といっても物件ではないでしょうか。運用する物件の条件が良ければ、利用したいという旅行者も増えますし、それなりの利益を上げることもできます。まずは物件の立地です。民泊の稼働率を左右するといっても過言ではないでしょう。民泊を利用するほとんどの人は観光などで訪れている観光客です。そのため、人気の観光エリアや観光スポットに近い場所がいいでしょう。そして、駅からの距離や交通の便も立地条件として挙げられます。人気の観光エリアの近くに民泊を建てるのも有効的です。なぜなら、人気の観光エリアはホテルなどの宿泊施設の稼働率は上限に達していることが多く、比較的安価で宿泊することのできるビジネスホテルなども宿泊価格が高騰している場合があるからです。それにより、人気のある観光スポットに比較的近いエリアに民泊を建てることで、稼働率も高くなるのです。しかし、民泊を運用するといっても様々な管理が必要になってきます。チェックインからチェックアウトまでの手続き、チェックアウトが終わった後は室内の清掃などもあります。それだけではなく、民泊希望者からのメールでの問い合わせも多く届きます。これらを民泊ホストだけで管理することは難しく、さらには外国人観光客の利用者も多く、英語や中国語でのやり取りも必要になることもあります。民泊運用に必要な作業を一括して代行してくれる代行業者があるので、利用するのもいいでしょう。代行業者は運用に必要な作業全てを委託できる会社と、清掃だけ、メールの管理だけなど、民泊ホストの手が届かない部分のみを代行依頼することも可能です。

空室リスクを回避する

集合住宅

アパートやマンションを運用するオーナーが一番気になっているのは空室率です。賃貸物件の運用は、月々の家賃収入により成り立っています。空室リスクの回避のためにも、不動産会社などに一括借上げを依頼するオーナーも多いです。

Read

管理を一括で委託する

男女

所有する物件の賃貸管理に必要な業務を、一括して賃貸管理会社に依頼することができます。一括して依頼することで、オーナーにかかる負担を軽減することが可能です。また、一定期間家を空ける時はリロケーションを行なうこともできます。

Read

安定した運用を行なう

積み木のマンション

サブリースとは、物件を保有するオーナーに代わり物件の管理を行なう管理会社のサービスです。空室リスクを回避するためにも、サブリースを利用するオーナーが増えてきました。

Read